一人住まいが決まったら水には注意しましょう

ビルやアパート・マンションのの貯水槽(受水槽、高置水槽)飲料水は大丈夫?!

アクアクララ

たいていマンションは貯水槽に貯めた水を各部屋に送っています。

 

貯水槽の中はばい菌だらけ、酷いとこは生き物が貯水槽の中で死んでるとか
気持ち悪くて飲めないなどの話をよく耳にします。

 

 

最近では直結増圧給水が主流になっています、直結増圧給水とは水道本管の圧力を
増圧ポンプにより増圧して各戸へ送る方式です。

 

 

受水槽方式では、受水槽、受水槽+高架水槽で水道水が大気に開放される為、残留塩素の低下、対策はされてますが、虫や小動物、ゴミ、大気中の不純物が入ることを完全に防ぐことは出来ません。

 

 

管理業者にお住まいのマンションの給水方式を問い合わせをすれば、分かる場合もありますが、
管理業者が把握していない場合もあります。

 

 

  • ビル、マンション・アパート、病院などの建物では、いったん受水槽に水道水を受けて屋上のタンク(高置水槽)から各階に給水する方式があります。
  • 貯水槽の水は水槽に溜めて使用するため、清掃しないと砂、ほこりなどが沈殿したり、藻類・細菌類が繁殖し、飲料水としては、大変危険な状態になります。
  • 建物の入居者、居住者の安全で衛生的な飲料水を確保することは、施設の設置者又は管理者の責務です。
  • 貯水槽(受水槽、高置水槽)の維持管理を怠ったために、水が汚れる場合があります。

 

貯水槽(受水槽、高置水槽)の水が汚れる原因は?

 

貯水槽(受水槽、高置水槽)は、通気孔やオーバーフロー管に防虫網がなかったり、風水害などでふたが壊れたり老朽化などで亀裂が生じると、砂・ほこり、汚水(地下式の場合)などが入ったり、ハトなどの動物やこれらのフン、ユスリカなどが混入することがあります。
光が通るFRP製の水槽では、藻類が繁殖したり、さまざまな汚れにより人の健康に影響を与える細菌類も繁殖する場合があります。
清掃を行わないと、水槽内にユスリカが発生したり、配管のサビなどが堆積することがあります。